人気沸騰中の投資物件|初めてなら尚更アパート経営がオススメ

木の人形と家

副収入で豊かになろう

マンション

できることは沢山あります

投資用マンションを購入する若い世代が増えてきました。給料がなかなか上がらない中で、安定した収入を確保しようとした動きが若者の間で広がっているというわけです。投資用マンションは上手に戸数を積み上げていけば、かなりよい副収入となります。投資用マンション1戸当たりの収入が60万円から80万円程度ですので、まずは5戸を目指し、給料がゼロになっても生活できるようにしておきましょう。副収入が年間300万円から400万円あれば、生活がかなり楽になります。また、収入に余裕があるため、現在の勤め先を辞めて、もっと自分に合う会社をじっくりと選ぶということもできます。お金が全てではありませんが、お金があればできることはいろいろあるのです。

経済環境は追い風です

今の経済環境は投資用マンションを購入するにはかなり追い風と言えます。その理由は2つあります。1つは金融機関の融資姿勢が緩くなってきているということです。以前は銀行などで借入をしようとすると年収500万円以上が1つの目安となっていました。信販会社で借りるケースでも年収400万円は必要でした。この基準が少しずつ下がってきています。2つ目の理由は貸出金利の低下です。マイナス金利が導入されてから、不動産投資に対する融資金利もじわじわと下がってきています。不動産投資ローンを1%程度で組むことができることも珍しくなくなってきました。投資用マンションを購入することを検討しているのであれば、とりあえず金融機関に相談してみましょう。